妊娠初期から出産までの流れやトラブル

常位胎盤早期剥離

常位胎盤早期剥離はお産が始まる前に胎盤が突然はがれてしまうことです。少量の出血とともにおなかに激痛があります。

常位胎盤早期剥離の特徴

常位胎盤早期剥離とは

胎盤は、赤ちゃんが生まれてきた後に役目を終えて子宮壁からはがれ、外に排出されるのが正常なプロセスです。ところが、赤ちゃんが生まれるより先にはがれ始めてしまうことがあり、これを常位胎盤早期剥離といいます。

常位胎盤早期剥離図解

常位胎盤早期剥離の症状

胎盤がはがれ始めると、その機能が損なわれ、赤ちゃんに渡る酸素や栄養が減ったりストップしてしまったりして非常に危険です。大出血が起こった場合母体も危険になります。はがれた位置によっては、子宮内では大出血していても、外に流れ出てくるのは量のこともあります。下腹部に激痛があり、おなかがかたくなるのが特徴です。母子を救うために一刻を争うので、救急車を呼んで病院へ急行してください。直ちに帝王切開手術を行うことになります。

常位胎盤早期剥離の原因

常位胎盤早期剥離がなぜ起こるのか、原因ははっきりしていません。しかし、妊娠高血圧症候群の妊婦さんに起きる確率が高くなることはわかっています。そのほか、交通事故や転んだ、打ったなどの物理的な刺激がきっかけで起こることもあります。そのような突発的なアクシデントにあった場合は、しばらく安静にして、心配な症状が現れないか注意することが必要です。

0563578850.jpg0563578850.jpg

スポンサードリンク

ページの先頭へ